私には500円貯金箱は向かない

私には500円玉貯金箱は向かないかと思われます。なぜなら、500円玉があまり財布にないからです。まあだからこその「500円玉貯金箱」なのでしょうけれど。500円玉貯金箱はおそらく、「あくまで余力があった時に貯金箱に入れて、いつの間にか貯まったいる!」といった感じの意味合いにて、作られた貯金箱なのでしょうね。

ですから私のように、無理くりに500円玉をつくって貯金箱に入れているようなタイプには向かないのでしょう。そして500円玉を入れた翌日や翌々日あたりには、「あ?、やっぱりあの500円玉入れなきゃ良かったな?。会費足らないや?」などと思ってしまうようなタイプには、まあ向いていないのでしょうね。

そして一月後にはもう500円玉貯金箱を缶切りで開けたくなってきますから。そしてしょっちゅう500円玉貯金箱を開ける理由ばかりを考えてしまいますから。ですから「ちょっと余力があった時に?」はできなくなっていますので。こんなに精神的プレッシャーがあるのならば、やらなきゃ良かったとも思っています。「いつの間にかこんなにお金が!」という気持ちになりたかったものの、まあ向かなかったですね。アンチエイジング御用達のサイト